豊胸・バスト

アクアフィリング豊胸

アクアフィリングによる豊胸

アクアフィリング(AQUA filling)は、手軽にナチュラルなバストアップを叶える、注射による豊胸治療です。

ヒアルロン酸注入と同じ手軽さで、感触は脂肪注入並みの柔らかさに仕上がります。大量に注入しても硬くならないため、2カップ程度のサイズアップも可能です。

アクアフィリングは成分の98%が水分のため、柔らかく動きが自然です。効果は3~5年持続します。2004年に欧州で開発され、長い臨床研究のもとCEマーク・KFDAを取得した安全性の高い製剤です。

AQUA filling

アクアフィリングの特徴

  • 98%が水分。脂肪注入並の柔らかさ

    人間の体の成分はほとんどが水分です。アクアフィリングも同様がほとんどが水成分であるため、周囲組織への馴染みがよいため柔らかく、動きも自然です。

    ヒアルロン酸のよりも組織への「親和性」が高いため、厚い皮膜となるカプセルを生じないため柔らかいバストが持続します。

  • 手軽さと長持ち

    アクアフィリングはヒアルロン酸注入と同じ手軽さで、効果が3~5年以上と長期間持続します。何回も繰り返して注入する必要がないため、コストパフォーマンスにも優れています。

    アクアフィリング注入後は、水とポリアミドの間の水素結合がゆっくりと分解することによって、徐々に減少し注入前の状態に戻ります。

  • 2カップアップも可能

    アクアフィリングは、大量に注入しても硬くなりません。そのため2カップ程度大きくすることも可能です。
    さらに重さがヒアルロン酸の約半分なので仕上がりも軽やかです。

  • 安全性について

    • 水に溶ける。アクアフィリングは生理食塩水を加えることですぐに水に分解されます。
    • 数年かけてゆっくりと分解・吸収され、一部は尿と共に体外に排出されます。
    • カプセル拘縮を起こさない。体内組織との親和性が高いため、カプセル拘縮を起こしません。
    • CE(ヨーロッパの製品安全規格)、KFDA(韓国食品医薬品安全局)の承認を得た安全性の高い製品です。
    • 妊娠中の女性と授乳婦の安全性のためにISO10993-3基準をクリアしています。

    AQUA filling

アクアフィリングとヒアルロン酸の比較

アクアフィリングはヒアルロン酸に比べ組織との親和性が高いため柔らかく、持続期間が長いのが特徴です。
長期の効果をご希望の場合は「アクアフィリング注入」を、短期間豊胸を試してみたい場合は「ヒアルロン酸注入」というように、目的に合わせて選ぶこともできます。

アクアフィリングとヒアルロン酸の比較

アクアフィリング豊胸治療の流れ

  • バストのデザイン・マーキングを行います。

  • 希望により、吸入麻酔・静脈麻酔を行います。
    眠った状態で治療を行うため治療中に痛みを感じることはありません。

  • アクアフィリング注入部位に局所麻酔を行います。

  • バストの乳腺下にアクアフィリングを注入していきます。
    先端の丸いカニューレを使用することで、治療後の痛みや内出血を抑えます。

  • 治療終了

  • 必要に応じて、後日追加注入すること可能です。
  • シャワーは当日から可能です。入浴は翌日から可能です。
  • ブラジャーで強く締め付けたり、うつ伏せ寝は約1ヶ月間控えてください。
  • 激しいスポーツは約2週間控えてください。
  • ボリュームアップによる胸が張った感じは約2週間程度で落ち着きます。

アクアフィリング豊胸の料金

アクアフィリング 10cc 43,000円
100cc 400,000円
10cc(100cc~) 40,000円
  • ※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

帯広中央クリニックの症例写真

症例写真