ボトックスビスタ

ボトックスビスタBOTOXVISTA

ボトックスビスタとは

*

ボトックスビスタは「65歳未満の成人における眉間の表情皺」に対する治療薬として2009年1月に厚生労働省により承認されています。
眉間の表情じわに対して、国内で唯一製造販売の承認を取得している製剤です。

「眉間の表情じわ」を形成する表情筋に対してボトックス注射を施術することにより、筋肉の収縮を抑制し、一定期間「眉間の表情じわ」を改善します。またしわを作らないことで、しわを予防する効果もあります。

ボトックスビスタの特徴

効果の仕組み

ボトックスは筋肉と神経の結合部に作用することで筋肉の働きを弱めます。 筋肉の収縮時に放出されるアセチルコリンの働きをブロックすることで筋肉の動きを抑制します。この作用によってしわを作る筋肉の過剰な収縮を弱め、しわを軽減していきます。

ボトックスビスタ、世界80ヶ国、1,100万人以上の治療実績

ボトックスビスタはアメリカ、イギリス、ドイツ、フランスをはじめ世界80ヶ国以上で眉間の表情じわを始めとする、 しわの治療へ適応を取得しており、世界で1,100万人以上が美容医療分野でボトックス注射による治療を受けています。 米国美容形成外科学会の調査によると2005~2008年の4年間、もっとも施術回数の多い非外科的美容治療は「ボトックスビスタ」による治療でした。

徹底した品質管理

ボトックスビスタは、製剤の活性を保持するために出荷まで5℃以下の冷所保管など流通において徹底された管理がさえれています。 日本への輸送においても常に5℃以下を保ち遮光状態にて日本に輸送されます。
日本国内で製造過程と同一の検査を2ヶ所で実施しています。

ボトックスビスタ注射の注入部位

*

ボトックスビスタ注入について

  • 治療時間は5~10分です。冷却しながら行います。
  • 治療当日からメイク、洗顔、シャワーは可能です。飲酒や激しい運動はお避け下さい。
  • 治療後の効果は約1週間で安定して得られます。その後、徐々に効果が減少します。再注入の目安は、4~6ヶ月後が目安です。
  • 副作用などの注意事項:注入部位に内出血や赤みが生じることがあります。稀ににボツリヌス毒素の効果が強く出た場合、周囲の筋肉が動かしづらく感じることがありますが時間の経過とともに解消されます。 赤みや腫れが持続する場合は、アレルギーなどの可能性がありますので、早めにクリニックにご相談下さい。

症例写真

Case1

  • *

Case2

  • *

Case3

  • *

【施術】
Case1~3 眉間へのボトックスビスタ注入
【施術概要】
眉間のしわに対して、筋肉の動きを軽減するボトックスビスタを注入しています。
【副作用・リスク】
内出血・赤み・腫れ・効果の過剰発現・アレルギー等の可能性があります。

ボトックスビスタの紹介

「表情じわの治療」総合情報提供サイト

ここからはじめる「しわ治療」

ボトックスビスタの料金表

55,000円
眉間 35,000円
目尻 45,000円
その他部位 35,047円~
  • ※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

帯広中央クリニックの症例写真

症例写真
私が担当します。 院長がカウンセリングからアフターケアまで全て行います。