肝斑

肝斑

肝斑(かんぱん)とは

肝斑の原因は紫外線やストレスやホルモンによる影響などの説がありますが、根本的な原因はわかっていません。ただ一説に、「こすりすぎによる肌のバリアの破壊」があります。
この「バリアの破壊」が軽減すると同時に肝斑の症状は軽減し、悪化すると同時に肝斑も悪化すると考えられています。
肝斑の発症年齢は「化粧をする」年代と一致します。化粧をしない子供や高齢者には肝斑は見られません。
毎日化粧をして、それを落とす行為がバリアの破壊につながります。
肝斑をなくそう・隠そうと色々やっているうちにどんどん濃くなるのは、さわりすぎてバリアの破壊を悪化させているからです。

※葛西健一郎著:シミの治療より一部抜粋

肝斑の特徴
  • 女性に多い。
  • 頬骨部・前額部・唇などに左右対称に現れる。
  • 境界が不鮮明な褐色の色素斑。
  • 時期によって症状の変動がある。
  • 60歳以降、軽快する例が多い。

肝斑(かんぱん)の治療

  • 保存的治療

    肝斑は「さわらない」・「こすらない」ことが基本です。通常2ヶ月間、内服薬・外用薬にて治療を行います。

  • トラネキサム酸(トランサミン)の内服
    トラネキサム酸(トランサミン)

    トラネキサム酸(トランサミン)は肝斑治療の唯一の治療薬です。
    継続して内服することで肝斑を改善します。

  • ルートロトーニング(レーザートーニング)

    ルートロトーニングは、スペクトラレーザーによる肝斑専用の治療です。
    肝斑のメラニンを周囲組織へのダメージを防ぎつつ瞬間的に破壊します。

    レーザートーニング

    5ナノセカンドという世界一短いパルス幅と高いピークパワーで
    周囲組織を刺激せずに肝斑のメラニンを瞬間的に破壊します。

  • ビタミンイオン導入
    ビタミンイオン導入

    美白効果のあるビタミンAやビタミンCなどの高濃度のビタミン剤を皮膚に直接浸透させてしみを改善します。

肝斑(かんぱん)治療の料金

保存的治療セット
(内服薬・外用薬)
2ヶ月分 16,500円
ルートロトーニング 両ほほ 5回セット 78,650円
顔全体 5回セット 110,000円
ビタミンイオン導入 1回 10,285円
5回セット 44,000円
トラネキサム酸
(トランサミン)
30日分 5,500円
ビタミンC 30日分 1,650円
  • ※表示価格は税込価格です。

帯広中央クリニックの症例写真

症例写真
カウンセリングからアフターケアまで一貫して行います。