GID

性同一性障害(GID)外来

帯広中央クリニックの性同一性障害(GID)外来はホルモン補充療法と美容外科施術のみ行っています。
精神神経科による性同一性障害・GIDの診断は行っておりません。

ホルモン補充療法

性同一性障害に対して、ホルモン補充療法を行います。FTMは男性ホルモン、MTFは女性ホルモンの投与を行います。ホルモン治療の効果は血液検査により性ホルモンの血中濃度を定期的に測定します。

性ホルモンの投与方法は注射剤、パッチ剤、経口剤があります。
副作用が最も少ないのは注射によるホルモン補充療法であり、日本においては一般的に注射剤での治療が行われています。また経口剤での治療が最も肝機能障害を引き起こす頻度が高くなります。
インターネットや個人輸入による経口剤の服用により、知らない間に肝機能障害に陥っていることがあるので注意が必要です。

MTF

  • 薬剤: プロギノンデポー または ぺラニンデポー(吉草酸エストラジオール10mg/1A)
  • 投与間隔:10mg/1Aを1~2週間隔 または 10mg/2Aを2~3週間隔で投与
  • 効果: 乳腺組織の増大、脂肪の沈着、体毛の変化、不可逆的な精巣の萎縮と造精機能喪失
  • 副作用/リスク:
    血栓症、肝機能障害、乳房痛、心血管イベント、胆石、肝腫瘍、下垂体腫瘍などの可能性

FTM

  • 薬剤: エナルモンデポー または テスチノンデポー(エナント酸テストステロン125mg/1A、250mg/1A)
  • 投与間隔:125mg/1Aを1~2週間隔 または 250mg/1Aを、2~3週間隔で投与
  • 効果:
    月経の停止、体重増加、筋肉の増加、脂肪の減少、声の変化、クリトリス肥大、体毛の増加など
  • 副作用・リスク:
    肝機能障害、多毛、禿頭、ざ瘡、月経異常、血栓症、心血管イベント、胆石、肝腫瘍、下垂体腫瘍などの可能性

ホルモン補充療法中は、血液検査による肝機能検査、血中脂質濃度、血中フリーテストステロン濃度、血中プロラクチン濃度等の測定を3ヵ月~6ヶ月毎に受けるのが理想です。

性同一性障害(GID)外来の料金

男性ホルモン 1回 1,500~2,500円
女性ホルモン 1回 1,000~1,500円
血液検査(肝機能検査等) 1回 3,500円
血中ホルモン濃度検査 1項目 6,000円
初診料 5,000円
再診料(医師の診察を希望される場合) 1,000円
  • ※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。
pagetop

帯広中央クリニックの症例写真

症例写真
私が担当します。 院長がカウンセリングからアフターケアまで全て行います。