エイジングケア

脂肪注入

脂肪注入とは

脂肪注入はお腹や太ももなどから脂肪を採取して、目の下や頬などのくぼみにその脂肪を注入する治療です。
吸引した脂肪から脂肪幹細胞以外の不純物を分離して、定着率を高めた上で注入していきます。
注入された脂肪は30~40%が半永久的に残ります。帯広中央クリニックでは、安定した脂肪定着のために様々な工夫を行っています。

*

脂肪注入の注入部位

脂肪注入の注入部位

治療の流れ

  • 脂肪吸引
    お腹や太もも、お尻から脂肪を採取します。
    採取部位に局部麻酔をした後に細い特殊な管を挿入して脂肪を吸収します。
  • 脂肪の加工処理
    採取した脂肪を洗浄した後に遠心分離機にかけて不純物を除去します。
  • 脂肪注入
    顔に注入部位のデザインを行い局所麻酔をします。脂肪注入を行い形を整えます。
  • アイシング
    手術後、注入部位を5~10分間冷却します。
    冷却により脂肪の生着を高め治療部位の腫れを最小限に抑えます。
  • 治療終了

  • ※治療後の強い腫れは約1週間。(個人差あり)
  • ※脂肪注入は、定着率が30~40%のため、少し多めに注入します。
    ご希望により注入量は調節することができます。
  • ※脂肪注入後、約1~2ヶ月間は少し硬さが出ますが、3ヶ月前後で柔らかくなってきます。

脂肪注入の料金

脂肪注入(顔) 200,000円~300,000円
  • ※表示価格は税抜き表示となっております。別途消費税が必要です。

帯広中央クリニックの症例写真

症例写真
私が担当します。 院長がカウンセリングからアフターケアまで全て行います。